高相被告、初公判で罪認める 「覚醒剤2週間に1回ペース」と検察指摘

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)の夫で、同法違反罪(所持、使用)に問われた自称プロサーファー、高相(たかそう)祐一被告(41)の初公判が21日、東京地裁(稗田雅洋裁判官)で開かれた。高相被告は所持について「間違いありません」と述べる一方、使用については「公園ではなく、自宅マンションで吸引しました」と話し、起訴内容を大筋で認めた。 一方、検察側は冒頭陳述で「高相被告は20歳のころ、初めて覚せい剤を使用した。
http://news.livedoor.com/topics/detail/4406786/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。